YUKO HIRANO
〜 勇往邁進 〜

見た目はインテリ、
中身は無邪気な冷静活発少年

坂井 貴彦

2020年入社
システムエンジニア
クラウドサービスコンサルティング事業部

―何を軸に就活をしていましたか?また、KMKWORLDへ入社を決めた理由は何ですか?

大学で情報系の学科を専攻しているので、適正と相性を考えてSEかそれに近い仕事につくことをイメージしていました。また中小と大手で分けて考えたとき、中小の方がよいなと思っていました。というのも、所属する組織の規模が小さいというのは様々な仕事に携わるチャンスが多く、自分の存在が大きく働くと考えられるからです。
KMKWORLDは入社前からの研修が手厚く、水準を満たせば有償インターンに参加できると聞いていたので、自分の技術力の腕試しと向上を考えたときに有利に働くのではないかと考えたのが決め手です。
複数回の懇親会や面談で多くの社員さんと話し、社内の雰囲気を好意的に感じられたのも大きな理由です。

―飛び級入社や若手の一斉検定受験など、随分社内を賑やかしてくれていますね(笑)

飛び級に関しては、より早く実務に取り組みたいという思いを汲んでもらって実現していただきました。 仕事と環境に慣れたおかげで入社後も高いパフォーマンスを出せましたし、
win-winの制度にできたと思います。 後輩にもぜひチャレンジしてほしいですね。
アルゴリズム実技検定は自分だけで受けるつもりだったのですが、若手中心に声を掛けたら参加してくれました。 実務とも研修とも毛色の違うプログラミングだったので僕は楽しめたのですが、皆はどうでしょうね。笑
よさげなアイデアがあったらとりあえず言ってみることを心がけています!

―今後はどんな技術者になっていきたいですか?

開発に関しては比較的多く経験を積めました。 とはいえ先輩の力を借りることもあるので、そこはまだ改善の余地があると思います。
製造の段階で「なぜこの仕様に?」「こう設計したらもっと綺麗になるのに」と感じ、実際にそう修正したこともあるので、製造より上の工程で良いアーキテクトを作りたい、という思いもあります。
また業務・組織運営を円滑に進めるプロジェクトリーダー・マネージャーの大事さも肌で感じられたので、そういった方面にも非常に興味がありますね。
まだ取り組めていないことばかりなので方向性は定まらないのですが、どの道も可能性があると考えて視野を広く持ちながら模索していきたいです。

―内定期間から既にリクルーターとして活躍したいましたよね!

僕は熱心な就活生ではなかったので、リクルーターとして何をするのが良いのか掴めず最初は迷っていましたが、 最終的には単純に「後輩にしたい子を選ぶ」という観点で各人の長所・短所を見出すように学生と向き合うことにしました。
特に、学んだこと・取り組んだことのインプット・アウトプットがしっかりできている学生は魅力的に見えますね!
僕が面談して採用に推した内定者の評価も高いようで、喜ばしいです。笑
もちろん評価は本人達に依るものですが、それを発掘できた達成感は大きいです。 通常業務の息抜き(?)としても参画できてよかったと思います。