TERUAKI UESUGI
〜 和光同塵 〜

たゆまぬ努力で積み上げる、
いつでも変わらず謙虚な姿勢

上杉 晃彬

2019年入社
システムエンジニア
システムイノベーション事業部

―現在はどういった仕事をしていますか?

現在、A's Styleという自社製品の開発をしています。
お客様との打合せを行い、製品の機能としてどう実現するかを具体的に考えていく箇所を主に担当しています。
要件定義や設計と呼ばれる工程です。
また、実装と仕様に食い違いがないかを確かめる、テストという工程も実施し、製品の質を担保しています。
利用者の方が便利になるように、開発者の方に伝わりやすいように、考えていくのはとても楽しいです。
実はA's Styleでもクラウドを利用していて、
個人的にも質の高い内容を提供できるようにと考えて、AWSの資格をいくつか取得しました。

―一緒に働いている先輩や上司との関係はいかがですか?

目指すべき先輩が近くにいることはとてもいい環境だと思っています。例えば、お客様目線での説明・緻密な設計・DBの性能考慮などのIT知識だけでなく、会計など知見の広さがありとても尊敬しています。
直属の上司は、とても頼れるリーダーです。メンバーのことを常に気にかけてくださり、小さな意見も大切に扱ってなるべく実現しようと動いてくださいます。また、自分がやりたい!と思ったことに対して挑戦させてくれます!

写真は夏の一大行事、納涼会の様子です。
普段はオンライン飲み会を定期的に行っていますが、久しぶりに事業部メンバーと対面で交流できました。お肉とお酒で暑さを吹き飛ばしてきました!

―コロナ禍ですが、仕事以外での過ごし方を教えてください!

仕事がない休日は、若手の芸人さんがメインの劇場にお笑いライブを観に行っています。
その空間にいるからこそ感じられる空気や、演者さんの視線の意味、配信にはのらない周囲の笑い声を感じられることが最高です!

また、仕事の気分転換になっていることはアップテンポな音楽を聴くことです。
席を立ち、呼吸を整え、ベースがかっこいい曲を聴きながら頭を振っていると、一曲ですごくリフレッシュできるんですよね。
5分程度の休憩で、集中して仕事に戻ることができます。
皆さん恐くないですよ。善良な一般市民です、こんにちは(笑)

―どんな技術者になっていきたいですか?

資格を取得することによって仕事の質を上げつつ、後輩指導の際に分かりやすい説明ができるよう活かしていきたいです。
会社には資格取得奨励制度があり、自己投資をしつつ短期的な実利も得られる、すごい制度です。
累計でのお祝い金は、今持っているものよりいくらか性能の良いノートPCが買えるくらいになっているようです!
将来は、クラウドやネットワーク、データベースの知識を深めていき、システムアーキテクトになりたいです。
技術面で様々な選択肢を用意して、利用者の方がなるべく無意識に、そして便利で安価に使えるよう、日々準備していきます。